1. TOP
  2. 体験談
  3. 仕事のストレス癒してくれる人妻との出会い

仕事のストレス癒してくれる人妻との出会い

■威厳を保つのも一苦労
私の働く会社は、いまだ年功序列の風潮が色濃く残る老舗企業です。
見直されつつあるシステムであるため、もちろん不平不満がささやかれることも少なくないのですが
年功序列の良さというのもまた存在します。
私のような古株にとっては、むしろありがたいぐらいです。
おかげで、そこまでたいした成績を収めていないにもかかわらず、副部長の座を担当させていただいています。
実力社会ではそうそう座ることのできない席かと思われますが、うちの会社では私などでも座れてしまうのです。
ですが、いいことばかりでもありません。
年功序列社会を良しとしない若い世代をまとめあげ続けるのは、大仕事以外の何でもないのです。
似合わない眉間のしわを顔に刻みつつ、日々多大な心労を背負い続けています。
実力もないのに空虚な威厳を保ち続けるのは、楽ではないんですよね。
■秘密のストレス解消法
50も手前に差し掛かっている私ですが、実はいまだ独身だったりします。
いや、お恥ずかしながら、機会に恵まれなかったと申しますか、面倒くさがりが災いしていると申しますか。
そんな私のストレス発散法は、出会い系で出会う人妻と味わうひとときです。
年齢に関係なく、自慢じゃありませんが、私まだまだ現役なもので。
人妻は、年齢が近いというのも理由のひとつですが、それ以上に魅力なのが、とても癒されるということです。
若くてかわいい子も良いですが、そういう子とのアダルトプレイともなると、少々元気すぎて疲れる気がするんです。
まあ、私のようなおっさんに興味がある女の子もそう多くないと思いますしね。
その点人妻は、大人女性ならではの落ち着きと、母性にも似た包容力が心を安らげてくれます
そんな面に惹かれて、毎月、いや多いときなら毎週のように出会い系で出会う人妻とのひと時を味わっています。
■管理職は癒しに飢えている
管理職、さらには私のような独身男ともなれば、癒しに飢えている人が多いのではないでしょうか。
聞き分けの悪い若い部下たちをしつけつつ
なおかつ家に帰っても癒してくれる家族がいないという、結構大変な環境なんですよね。
好みの人妻とのセックスによる癒しでもなければ、正直やってられないといったところです。
ですが、出会い系ひとつでしっかり気分転換でき、さらには副部長までのし上がったのですから
そんな日々も決して悪くないではないかと、自分にいい聞かせています。
年功上列とはいえ、同期はみんなリタイアしていった中残り続けているのも
それなりに自賛すべき点なのではと思っておりまして。
同僚や部下にはまずいえない気分転換法ですが、私には欠かせない存在となっています。